2010年06月06日

宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も生き残り容認へ―口蹄疫問題

とりあえず種牛としての使命を全う出来そうで良かったですね

 宮崎県は6日、口蹄(こうてい)疫の発生後、国の特例措置で同県西都市に避難・隔離していた県家畜改良事業団(高鍋町)の優良種牛5頭について、精密な血液検査の結果、異常が見られなかったと発表した。5頭は5月22日から2週間にわたって続けた毎日の遺伝子検査でも「陰性」が確認されており、国も殺処分せず種牛としての延命を認める見通しだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000076-jij-pol
ラベル:口蹄疫
posted by ナノ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。