2010年06月14日

<はやぶさ>帰還したカプセル画像公開 午後回収へ

「イトカワの砂」が入っているのでしょうか

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、大気圏に再突入し、オーストラリアのウーメラ砂漠に着地した探査機「はやぶさ」のカプセルの画像を公開した。13日深夜、オーストラリア空軍ヘリから撮影したもので、低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが確認できる。

【輝きながら地球に帰還するはやぶさの連続写真。本体は消失…】

 カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通り開いて着地した様子が分かる。カプセルの回収作業は14日午後に行う予定で、中にイトカワの砂などが入っていれば、世界で初めて小惑星で直接採取した物質となる。

 JAXAは14日午前、回収へ向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への現地視察を、豪空軍に依頼して実施し、計画を説明した。カプセル着地点付近はアボリジニの「聖地」にあたる。同日午後には研究者らがヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000015-maiall-soci
posted by ナノ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。