2010年06月27日

G8開幕、成長と財政健全化の両立で一致

世界経済の回復が期待されます

 【トロント(カナダ)=浜中昭彦、五十嵐文】主要8か国(G8)の首脳会議(サミット)が25日午後(日本時間26日未明)、カナダ東部のムスコカ地方にあるリゾートホテルで開幕した。

 世界経済については「成長の確保が重要」としたうえで、「成長維持のためにも財政健全化の推進が必要」との認識でも一致し、各国が適切な時期を選んで財政再建に取り組む必要性を確認した。

 G8開幕直後の昼食会では、主要議題とされた途上国支援問題などにはほとんど言及されず、大半が世界経済の議論に費やされた。欧州の財政危機をきっかけに世界経済に動揺が広がる中で、各国の景気の先行きに対する危機感の強さを浮き彫りにした格好だ。

 同行筋によると、各国首脳からは「世界経済の回復は予想以上に強いが、先進国の高失業率など、依然として脆弱(ぜいじゃく)であり、短期的には景気への配慮を怠るべきではない」との発言が多数を占め、当面は景気刺激策が必要との認識を共有した。

 ただ、財政再建についても、「実施のタイミングを誤らなければ持続可能な成長につながる」として、財政危機克服のため財政再建を重視する欧州連合(EU)の立場にも配慮を示し、G8の結束は維持した。

 サミット初参加となる菅首相は昼食会で、財政健全化と経済成長の両立を目指す日本政府の新たな経済運営政策を説明した。具体的には、財政再建と同時に、介護や医療など社会保障分野などへの支出を手厚くすることで雇用を増やし、経済成長も維持する方針を表明し、各国から「日本の対応に関心が示された」(同行筋)という。

 このほか、世界経済の不均衡の是正や金融規制改革の推進なども議論された。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100626-OYT1T00343.htm?from=any
posted by ナノ at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。