2010年07月05日

レクサスなど9万台リコール=エンジン停止の恐れ―トヨタ

やはりリコールとなってしまったようです

 トヨタ自動車は5日、高級車「レクサス」や「クラウン」の8車種で走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2005年7月から08年8月に製造された9万1903台。
 国交省によると、リコール対象はレクサスの「LS460」「LS600h」「LS600hL」「GS350」「GS450h」「GS460」「IS350」の各モデルとクラウンの一部。
 エンジンの吸排気の弁を動かす「バルブスプリング」と呼ばれるばね部品の製造過程で、材料に不純物が混入。このため、強度が低下して折れることがあり、最悪の場合はエンジンが走行中に停止する恐れがある。
 これまでに220件の不具合が報告された。トヨタは全国の販売店で修理を受け付け、エンジンをいったん取り外した上で部品を交換する。修理には1台当たり半日から数日間かかるという。
 トヨタは欧米、オーストラリア、アジア各国で販売した約18万台についても順次同様の措置を取る方針。今回の一連の措置にはリコールなどに備えた積立金を充てるため、業績に直接的な影響はないもようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000033-jij-soci
posted by ナノ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。