2010年07月29日

列島衝撃…桑田佳祐、食道がん克服宣言「待っていて」

喉や声帯への影響は無いようです

 日本のロックを代表するアーティストで、サザンオールスターズ(活動休止中)のボーカル、桑田佳祐(54)が初期の食道がんであることが分かった。所属事務所のアミューズが28日、発表した。手術のため10月からの全国ツアーを中止し、治療に専念する。桑田は2年前に最愛の姉をがんで失っていた。

桑田佳祐さんのコメント全文「お楽しみは、あ・と・で」

 国民的スターの異変は28日午後1時すぎ、サザンオールスターズの公式サイトで突然発表され、同時に所属事務所からマスコミに発表された。

 関係者によると、桑田は定期的に人間ドックなどで体のチェックをしているが、今月下旬の検診で、食道がんが発見されたという。

 サザンのスタッフは、「ご心配をおかけしますが、幸いにも早期発見により初期段階での治療で済む状態でした」と病状を報告。手術と治療のため静養する。10月20日に予定していたニューアルバムの発売はいったん延期する。また、10月28日から12月31日まで予定していた全国ツアー「桑田佳祐 LIVE TOUR 2010 全国への階段〜Stairway to Nippon〜」は全てキャンセルすることになった。

 これに伴い、音楽業界では異例の発売前イベントとして注目されていた9月22日の「全国同時多発アルバム試聴会」も延期となるなど、この日、所属事務所やレコード会社スタッフは休養に向けた調整に追われた。 

 神奈川県茅ヶ崎市出身の桑田は、青山学院大学時代の仲間とともに結成したロックバンド「サザンオールスターズ」を率いて、1978年「勝手にシンドバッド」でデビュー。以来、30年以上、J−POPの第一線で走り続けてきた。

 桑田は「より新しいものをつくるための充電期間」として2009年からサザンの活動を休止。また、「解散は絶対にない」とも断言していた。

 その後の桑田のソロ活動が注目される中、今年6月23日、全国紙に「四六時中、音楽主義宣言」と題した参院選の“マニフェスト”風全面広告を掲載。夏から秋にむけてのツアーやアルバムなどの計画を発表していた。

 桑田は自身の病状について、7月31日午後11時からレギュラーのラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FMなど全国38局ネット)を通じて、ファンに報告する。さらに、ニューシングル「本当は怖い愛とロマンス」については、予定通り8月25日に発売する。

 桑田が公式サイトでファンに寄せたコメントは次の通り。

 ◇

 この度は、ご心配をおかけして本当に申し訳ない気持ちです。

 そして、今年の活動を楽しみにしてくれていた皆さんには心からお詫び申し上げます。

 まずは自分自身の体調を回復させ、制作中のアルバムをなるべく早く皆様にお届けするようにいたします。

 ツアーは一旦キャンセルになってしまいますが、しばし治療と静養に充てるお時間をいただいて、また改めてみなさまにお会いできる機会を、心より楽しみにしたいと思っております。

 それまでしばらくの間、どうかご心配なさらず(そんなのムリか?!)待っていてくださいね。

 おたのしみは、あ・と・で●(=ハート)

 桑田佳祐

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000012-ykf-ent
posted by ナノ at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。