2010年08月07日

13日明け方が観測チャンス=ペルセウス座流星群―国立天文台

夜中まで起きている価値は有りそうです

 三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群が今年は13日午前中にピークを迎える見通しとなった。10日が新月のため、月明かりの影響が少なく好条件。国立天文台は11日夜から15日朝まで「流れ星を数えよう」キャンペーンを行い、夏休み中の親子らに観測とインターネットでの報告を呼び掛ける。
 同流星群のもとは、「スイフト・タットル彗星(すいせい)」が軌道上にまき散らしたちり。このちりが毎年8月に地球の大気に飛び込み、燃え尽きる際に光る。ペルセウス座から放射状に星が流れるが、夜空を広く見渡した方が見つけやすい。
 流星が最も多く見えるのは13日明け方で、市街地では1時間に3〜5個、夜空が暗く条件が良い所なら50個以上見えると予想される。数は少ないが、前後数日間も見える可能性があるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100807-00000011-jij-soci
posted by ナノ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。