2010年10月05日

楽天、新監督に阪神の星野SD招聘へ

ちょっと期待したいですが、どうなるのでしょう

 プロ野球楽天が今季限りで解任したブラウン監督の後任に阪神の星野仙一オーナー付シニアディレクター=SD=(63)の招聘(しょうへい)を目指していることが4日、分かった。楽天の三木谷浩史会長(45)が同日、大阪市内で阪神の坂井信也オーナー(62)と会談し、星野氏と交渉することへの承諾を求めた。

 会談は約10分。三木谷会長からの「(星野SDを)動かしていただきたい」という申し出に坂井オーナーは「本人が決めることですから」と応え、楽天が阪神側へ筋を通した形となった。

 野村克也氏が率いた昨季は2位となり、今季はブラウン政権下でステップアップするはずが、最下位に低迷。新監督の条件として、実績のある日本人監督を挙げた。ここで白羽の矢が立ったのが中日で2度、阪神で1度のリーグ優勝を経験した星野氏だった。「闘将」の異名を取る熱血采配(さいはい)は低迷するチームを活気づけるには最適と判断したようだ。

 坂井オーナーはこの日夜、「(星野氏の)意思を尊重するとしか言えない。あくまでも受け身の話です」と話した。阪神にとっては大きな存在だが、球団が強引に縛るつもりはない。星野氏はすでに仲介者を通じて楽天側からの監督就任要請を受けたというが、返答は保留しているという。「闘将」の決断が注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000508-san-base
posted by ナノ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。