2011年04月30日

<世界フィギュア>安藤美姫 4年ぶりに世界女王の座に復帰

安藤美姫選手、今シーズンはホントに強かったです

 【モスクワ芳賀竜也】五輪金メダリストを破り、4年ぶりに世界女王の座に復帰した。30日に当地で最終日を迎えたフィギュアスケートの世界選手権は、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の安藤美姫(トヨタ自動車)が130.21点をマーク。合計195.79点で、SP1位だったバンクーバー冬季五輪金メダルの金妍児(キム・ヨナ=韓国)を抜き、2回目の優勝を果たした。

 金妍児はフリーが128.59点にとどまり、合計194.50点で2位。1年1カ月ぶりの復帰戦を優勝で飾ることはできなかった。前回女王で日本人初の2連覇を狙ったSP7位の浅田真央(中京大)はフリー114.13点、合計172.79点で6位。世界選手権初出場でSP10位だった村上佳菜子(愛知.中京大中京高)はフリー112.24点、合計167.10点で8位だった。

    ◇

 第5日の29日、アイスダンスはショートダンス(SD)を行い、バンクーバー五輪金メダルのテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組(カナダ)が74.29点で1位。キャシー・リード、クリス・リード組(木下工務店ク東京)は自己ベストを10点近く更新する54.86点で、13位発進となった。

 ◇フリーで実力を発揮…安藤

 SPトップの金妍児とはわずか0.33点差の2位でフリーに臨んだ安藤。今季はグランプリ(GP)シリーズ以降、フリーは5戦とも1位と抜群の安定感を誇る。その実力を、頂上決戦でもいかんなく発揮した。

 グリーグの「ピアノ協奏曲」が静かに流れ出す。1発目のジャンプは3回転ルッツ−2回転ループ。SPでは冒頭のジャンプ後半を3回転から2回転に急きょ変更したが、フリーのジャンプは慣れ親しんだ要素だ。これをきっちり決めると、3回転ループも成功。2回転半−3回転の連続ジャンプは後半が回転不足となったが、それ以外は手堅くまとめ、最後の3連続2回転も難なく決めて演技を締めくくった。

 SPはシーズン途中で選曲を変えたが、フリーは相当滑り込んでいる印象を受ける。「失敗すると分かっているものは無理にやらない」と安藤。イチかバチかの勝負に懸ける選手もいるが、練習でできないものが試合でできるはずがない。

 「完成度」に重点を置く23歳のスケート哲学は、大舞台でも大崩れしなかった。五輪女王の金妍児を上回った安藤は「ずっと順位より内容を求めてきた。きょうの結果は、神様がくれたご褒美」。浅田の調子が上がらない中、さらにスケートの奥義を窮めるつもりだ。【芳賀竜也】

 ◇キム・ヨナ、まさかのミスを重ねる

 バンクーバー五輪金メダリストがまさかのミスを重ねた。昨年3月にあった五輪直後の世界選手権(トリノ)では、浅田に負けて銀メダル。忘れ物を取りに来たようにふらりと復帰し、SPで首位に立った最有力優勝候補、金妍児が頂点を逃した。

 韓国のファンを強く意識し、韓国テイストたっぷりの演技を披露した。「韓国へのオマージュ(敬意)」と題した曲は、韓国の民族舞踊「アリラン」などを取り込んだオリジナル曲だ。

 SPでは単発になった冒頭の2連続3回転ジャンプは無難に着氷。しかし、続く連続ジャンプや3回転フリップで回転不足が続くなど、五輪女王が思わぬ失敗に苦しんだ。後半に跳ぶと基礎点が1.1倍になる3回転サルコウとダブルアクセル(2回転半ジャンプ)は成功したが、演技後の表情はさえなかった。

 「バンクーバー五輪ですべての目標を達成してしまったので、今度は応援してくれた韓国のファンのために演じたいと思った」と語っていた金妍児。1年1カ月ぶりに復帰した今大会だったが、世界女王の座からは見放された。まだ20歳。金妍児は、今後どんな道を歩むのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110430-00000099-mai-spo
posted by ナノ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。