2012年05月09日

「コンプガチャ」順次廃止へ、業績は1年前の水準割れない=DeNA

コンプガチャだけですからね

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>の守安功社長は9日の記者会見で、交流サイト(SNS)のソーシャルゲーム内の「コンプリート(コンプ)ガチャ」と呼ばれるシステムを順次廃止する方針を表明した。自社制作のゲーム内のコンプガチャの削除をすでに開始したほか、他社ゲームも廃止を要請していく。

業績への影響にいて守安社長は「現段階で見積もることはできないが。影響が判明すれば改めて説明する」と述べた。ただ、売り上げや利益面でのインパクトについては「1年前は、内製のタイトルでコンプガチャを使っているゲームはゼロだったし、サードパーティーの売り上げもそれほど大きくなかったので、1年前の水準を割るところまではいかないだろう」と述べた。

他社ゲーム内のコンプガチャの削除要請にあたっては「どこまでをコンプガチャというか」という基準作成に取り掛かる方針。守安社長は「消費者庁との意見交換したうえでガイドラインは作っていく」とした上で、業界標準の基準作りに発展させたいとの考えも示した。

コンプガチャとは、「ガチャ」と呼ばれるゲーム内のくじ引きシステムで購入できるアイテムを複数そろえる(コンプリート)ことで希少なアイテムを獲得できる仕組み。同社の主要ゲーム「ガンダムカードコレクション」などで採用されている。

コンプリートするためにはかなりのガチャを行わなければならず、相当な金額が必要になるとの指摘もある。消費者庁は、コンプガチャが景品表示法で禁止されている「カード合わせ」の手法に抵触する可能性があるとの見解を示している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000095-reut-bus_all
posted by ナノ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

GWの旅行者、海外へは過去最高に迫る56万人超 JTB調査

いいですね

 JTBは6日、今年のゴールデンウイーク(4月25日−5月5日までの11日間)の旅行動向見通しを発表した。期間中に1泊以上の旅行に出かける人の総数は前年比4・2%増の2120万8000人となり、このうち海外旅行者数は、昭和44年の調査開始以降過去最高を記録した平成12年に次ぐ56万3千人に上る見通し。

 5月1、2日に休暇を取れば9連休になる点や、円高基調が続いていることなどを背景に、韓国や台湾などの近場だけでなく、欧州やハワイなどにも人気が集まる。

 大部分を占める国内旅行は同4・2%増の2064万5000人。「5月22日に開業を迎える東京スカイツリーの関心が高い」(広報室)ことも手伝い、東京方面への旅行が増えるほか、昨年は東日本大震災の発生で落ち込んだ関東周辺への旅行も増加する見通しだ。

 海外旅行は、長期休暇を取りやすいことも手伝って、イタリアを筆頭に欧州方面が5・2%増。北米が4・7%増、アジアが4・9%増と軒並み増加する見通し。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120406-00000553-san-bus_all
posted by ナノ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

既存航空vs.格安航空 料金差は?

利用者としては嬉しいですね

関西国際空港を拠点とする日本初のLCC「ピーチ・アビエーション」が3月1日から運航を開始した。日本語では「格安航空会社」と呼ばれるLCCだが、実際はどの程度安いのか。“2月28日に、明後日、札幌までの急な出張が入った”と想定して大手航空会社と運賃を比較した。

まずはANAで関空〜札幌を検索すると、価格は往復運賃で片道3万7700円。ちなみに、3月25日に開始予定の、55日前までに予約ができる「旅割55」を利用すれば9800円となるケースも。

一方のピーチは、空席連動で価格は変わるが、今回のケースでは往復運賃の最安値は片道7080円だった。ちなみに、4月9日〜25日搭乗分は、キャンペーンとして片道3480円のチケットも売り出される。こういった超格安チケットもLCCの魅力。同社は以前にも、就航記念として、関空〜福岡・札幌を片道250円で販売。広報部によると「宣伝活動の一環で安いイメージを定着させる狙いもある」とのことなので、今後も期待できそうだ。

ちなみに、関空〜札幌路線の約1100kmとほぼ同じ距離の路線を、LCCの本場である欧州で調べてみると、ウィズエアーのロンドン〜プラハ間は5022円、イージージェットのローマ〜アテネは3754円、なかには、ライアンエアーのロンドン〜オスロ間1537円という格安もあった。ユーロ安の影響などもあるので単純比較はできないが、欧州の方が少し安い印象を受ける。

7月3日に就航するジェットスター・ジャパンは、同路線・同日・同時間帯で、同社より安い運賃を見つけたら、その金額から10%割り引く最低価格保証を公言している。また、エアアジア・ジャパンも8月1日に就航予定。他社に引けを取らない価格設定を行ってくることは想像に難くない。日本のLCC元年ともいわれる今年。夏に向けてより選択肢が広がることで、出張や旅行の移動手段に変化が生まれるかもしれない。
posted by ナノ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

<東電値上げ>大株主の東京都が異議 経営合理化が不十分

説明は大事ですね

 東京電力が4月から企業向け電気料金を平均で約17%値上げすると発表したことで、大株主である東京都は26日、東電、原子力損害賠償支援機構、経済産業相の3者に対し、さらなる経営合理化などを求める緊急要望書を出した。

 要望書は「値上げの根拠である燃料費などの負担増分6800億円の詳細や賠償スキームと合わせた経営合理化の具体的内容が示されていない」と指摘。「都は大口需要家、都市経営に責任を持つ行政主体、主要株主としてあらゆる機会を捉えて行動していく」としている。

 猪瀬直樹副知事は報道陣に「東電は経営合理化で来年度1934億円を削減すると言うが、家賃が高い子会社事務所の移転や、自社ビルの売却だけでも約100億円捻出できる。値上げにハイハイ応じるわけにはいかない」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000092-mai-soci
posted by ナノ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

「電源が入らない」「すぐフリーズ」 発売早々「PS Vita」トラブル続き

トラブルが続いています

 発売間もない新型携帯ゲーム機「プレイステーション・ヴィータ(PS Vita)」に、購入者から不満の声が上がっている。「電源が入らない」「画面が固まって動かなくなる」といった問題が頻発しているためだ。

 スマートフォンのように3G回線に接続して遊べるなど、新たな機能を取り入れたが、基本的な動作トラブルに見舞われてしまった。

■電源オンは「ボタンを5秒押す」

 「PS Vita」は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の後継機にあたる。発売日の2011年12月17日には、前夜から店舗前に並んで待つ「徹夜組」も現れ、注目を集めた。

 有機ELディスプレーを搭載し、映像は色鮮やかさが際立つ。無線LANに加えて携帯電話の3G回線接続も可能なため、場所を問わずインターネットに接続できる。例えばツイッターやスカイプといったアプリケーションを通じて一緒にオンラインゲームを楽しむ仲間を探しやすくなった。遊び方も、前面のディスプレーだけでなく背面のタッチパッドも使い、例えば敵のキャラクターを攻撃するために本体の前と後ろを指でなぞったり触ったりしながら自分の「武器」を操るなど、従来機とは違った楽しみ方ができる。

 新機能満載で期待も高い新型ゲーム機だが、発売後すぐにインターネットの掲示板やツイッター上には苦情があふれた。電源が入らないという最も基本的なトラブルをはじめ、使用中に画面が固まる「フリーズ」状態が多く報告されている。再起動しようにも電源が切れない症状もあったという。これらを読んで、「しばらく様子を見よう」と購入先延ばしを検討する意見も見られた。

 SCEは12月19日付で、「PS Vita」のウェブサイト上に「お知らせ」を掲載、問い合わせが多く寄せられている点を認めて謝罪したうえで、各種トラブルの解決方法を示したQ&A集と「エラー・故障診断」を公表した。

 例えば電源が入らない場合、「ボタンを5秒押していますか」という基本操作を再確認するよう呼び掛ける。電源が切れていないように見えるが画面が点灯しない際は「20秒以上ボタンを押していったん電源を切り、再度ボタンを5秒押して再起動させる」と説明。利用者側で復旧できるケースもあるようだ。だが、ネットでは「スマートフォンに慣れていないと、スイッチを入れるのに数秒間押し続ける必要があると知らないかもしれない」と指摘する人もいた。

■フリーズの根本的解決方法「引き続き調査」

 操作中のフリーズ対策にも触れられている。ここでも「20秒押し」で電源をいったん切る方法を示しているが、不可能な場合は「数時間放置して画面が消えてからアフターサービスをお申し込みください」となっている。これには「強制終了とかない?」と、別の方法を望む声もネット上では聞かれる。

 実は電源のオン・オフの方法についてSCEでは、事前に「PS Vita」のウェブサイト上のマニュアルで公開していた。ゲーム機本体だけでなくパソコンから閲覧できるため、購入者としても確認の方法はあったことになる。それでも多くの人が不便に感じたのも確かで、SCE広報はJ-CASTニュースの取材に対して「情報の提供の仕方を改善していきたい」と話した。

 フリーズの根本的な解決法についてSCE広報は「引き続き調査し、新しい情報が出たら利用者に伝える」という。また、電源が切れない場合に「数時間放置」という対処法以外にはないのかという質問に対しては、「20秒電源ボタンを押し続けていただければほとんどの場合電源が切れる」と説明。トラブル発生を繰り返しわびつつ、サイト上に掲載した再起動の方法を試してほしいと強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111222-00000001-jct-sci
ラベル:PS VITA
posted by ナノ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。